• ベビーシッターの資格がある

    ベビーシッターになるために、必須となる特別な資格というものはありません。
    そのため、子どもが好き、子育て経験があるというだけで働くことができる場合もあります。

    しかし、子どもを預ける親の立場からすると、ベビーシッターは専門の知識を持ったプロフェッショナルであってほしいという気持ちがあり、企業の側もそれに応えようという傾向があって、資格取得者の方が就業しやすくなっています。

    ベビーシッターについての知識を高めてもらうためのサイトです。

    認定ベビーシッターの資格は公益社団法人全国保育サービス協会が付与する民間資格ですが、取得すればシッターとしての職業倫理をわきまえ、知識や技術を習得した信頼できるシッターとして働くことができます。


    受験資格には、18歳以上であること、協会主催の講習を修了していること、さらに保育関連の実務経験が必要です。

    試験は筆記のみで、合格率は80%前後と比較的高いので、きちんと勉強していれば合格は難しくないといえます。

    OKWaveはとっても評判が良くて有名です。

    また、資格取得指定校となっている保育関連の大学や短大、専門学校などで、保育士資格取得のために必要な科目に加えて在宅保育に関する科目の単位を取得することでも資格を得ることができます。



    個人宅ばかりではなく、商業施設やイベント会場などの託児施設などでの仕事などもあり、保育士や幼稚園教諭、看護師などの資格を持っていることも、仕事をするうえで大きなプラスとなります。

    また、ベビーシッターという呼称ですが、実際にはベビーだけでなく、小学生程度の子ども達が対象となることが少なくはありません。

  • 大事な資格の事

    • 女性の働き方改革、保育所不足の問題、保育士の労働環境改善など、子育てにまつわる話題が増えています。そこで需要が増えつつあるのがベビーシッターです。...

  • 知っておきたい常識

    • 待機児童が多いと言われている東京では、ベビーシッターの需要も年々増えてきています。ベビーシッターとは、主に自宅で保護者に代わって子供の面倒を見てくれる人のことをいいます。...

  • 学ぼう資格の事

    • 神奈川は、横浜市を筆頭に待機児童が多いことで全国的に知られています。認可保育園に入れず、無認可保育園や認証保育園、またはファミリーサポートや保育ママを活用している方も多くいらっしゃいます。...

  • 専門知識

    • 子供を預けたいけど、保育園がいっぱいで預けられなくて困っている人も多いでしょう。仕事や、急用、家事都合により、外出する時は、子供を連れて行くのが難しいことも多いです。...